ワットスワンクーハ(英語表記)Wat Suwan Khuha

世界の観光地名がわかる事典の解説

タイ南部のアンダマン海に面した風光明媚なパンガー湾にある仏教寺院。◇この寺院は洞窟の中にあり、涅槃仏(ねはんぶつ)が安置されていることから、洞窟寺院を意味する「ワットタム」(Wat Tam)と通称されている。洞窟内はさまざまな大きさの色鮮やかなタイルで装飾されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android