コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涅槃仏 ねはんぶつ

世界大百科事典 第2版の解説

ねはんぶつ【涅槃仏】

釈迦が涅槃に入った(入滅)姿をあらわす臥像で,右脇を下にし,両足を上下に重ねて眠る姿であらわされる。彫像と画像(涅槃図)があり,彫像ではインドのアジャンター石窟,クシナガラ,中国では敦煌石窟などに巨大な涅槃像がある。日本では法隆寺五重塔の塑像が最も古く,次いで鎌倉時代の木彫仏や金銅仏がある。釈迦は29歳で出家し6年間の苦行の末に悟りを開いて仏陀となり,以来四十数年間ガンガー(ガンジス)川流域から北インドの各地で教えを説いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

涅槃仏の関連キーワードダンブッラの黄金寺院ワットスワンクーハ千葉県館山市洲宮東南アジア美術千葉県館山市マヌーハ寺院ワットポー光孝寺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

涅槃仏の関連情報