コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

涅槃仏 ねはんぶつ

世界大百科事典 第2版の解説

ねはんぶつ【涅槃仏】

釈迦が涅槃に入った(入滅)姿をあらわす臥像で,右脇を下にし,両足を上下に重ねて眠る姿であらわされる。彫像と画像(涅槃図)があり,彫像ではインドアジャンター石窟,クシナガラ,中国では敦煌石窟などに巨大な涅槃像がある。日本では法隆寺五重塔の塑像が最も古く,次いで鎌倉時代の木彫仏や金銅仏がある。釈迦は29歳で出家し6年間の苦行の末に悟りを開いて仏陀となり,以来四十数年間ガンガー(ガンジス)川流域から北インドの各地で教えを説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

涅槃仏の関連情報