ワディエルヒタン(読み)ワディエルヒータン(英語表記)Wadi Al-Hitan

デジタル大辞泉の解説

ワディ‐エル‐ヒータン(Wadi Al-Hitan)

エジプト北部の砂漠地帯、ワディエルラヤン保護区にある化石地域。新生代古第三紀の約4000万年前頃にテチス海という浅い海だった場所で、体長20メートルを超えるクジラ祖先(バシロサウルス科)のほか、さまざまな海洋生物の化石が発掘されている。通称クジラの。2005年、世界遺産(自然遺産)に登録された。ワディアルヒタンワディイルヒタン。ワディエルヒタン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android