コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワードラップ わーどらっぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワードラップ

ワープロソフトにおいて、欧文単語が途中で切れて2行にまたがらないように、その単語全体を次の行に移動させる機能。ワードラップアラウンドとも呼ぶ。なお、そのままでは各行の右端がふぞろいになるが、ジャスティフィケーションを行うと行の両端の位置がそろう。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワード‐ラップ(word wrap)

英欧文の文書作成における、行末処理の方法の一。行末に収まらない長い単語が途中で途切れないよう、次の行に送ることをいう。単語を前後に分割し、ハイフンを挿入することをハイフォネーションという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android