行末(読み)ギョウマツ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょう‐まつ ギャウ‥【行末】

〘名〙 文章の行の終わり。

ゆく‐すえ ‥すゑ【行末】

〘名〙
① 進んで行く末の所。はるか遠くの行きつく先。ゆくえ。ゆくさき。
※竹取(9C末‐10C初)「ある時には、きしかた行すゑもしらず、うみにまぎれんとしき」
※後撰(951‐953頃)恋五・九七二「流いづる涙の河のゆくすゑはつねに近江の海とたのまん〈よみ人しらず〉」
② はるか先のなりゆき。今後。将来。前途。
※蘇悉地羯羅経延喜九年点(909)「汝今より往(ゆクスヱ)、灌頂を授けて阿闍梨と為すに堪へぬ」
※小島のくちずさみ(1353)「ありがたかりける霊運なれば、行すゑもいと頼もしかるべきことにこそ」
③ おぼつかない余命。また、死期。
※源氏(1001‐14頃)明石「行すゑ短かげなる親ばかりを頼もしきものにて」
④ 死後の世界。来世。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「この世にはさらにもいはず、ゆくすゑにも、草木、鳥けだものとなるとも、ともだちとこそならめ」
⑤ これまでの経歴。来歴。
※太平記(14C後)一八「彼の女房の行末を委(くはしく)尋て候へば、今出河右大臣公顕の女にて候なるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行末の関連情報