コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴァイセンベルク効果 Weissenberg effect

1件 の用語解説(ヴァイセンベルク効果の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ヴァイセンベルク効果【Weissenberg effect】

粘弾性液体の液面に垂直に軸を回転させると,液は回転軸に沿ってよじ登る傾向を示す.

この名称は1947年にヴァイセンベルクが,同軸二円筒の間に粘弾性液体を入れ,内筒を固定して外筒を回転させたときに,自由表面の内筒に近い部分が盛り上がることを指摘したことで名づけられたが,一般に内外の円筒が相対的角速度をもつ場合に現れる.〔記紀の国産みの段にある,イザナギ,イザナミの諾冊二尊が,天の浮橋から混沌の中に天の沼矛を入れて掻き回し,やがて穂先から滴り落ちたものが固まって,おのころ島ができたという条りは,ひょっとしたらこのヴァイセンベルク効果に関する世界最古の記載かもしれない.〕

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヴァイセンベルク効果の関連キーワード羽根車毛細管現象ワイセンベルク効果回転窓法線応力効果ワイセンベルグ効果横断節理バラス効果メリントン効果ラヴ波

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone