一乗経(読み)いちじょうきょう

大辞林 第三版の解説

いちじょうきょう【一乗経】

〘仏〙 成仏に達する唯一の経。法華経をさすことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちじょう‐きょう ‥キャウ【一乗経】

〘名〙 仏語。一乗真実の妙理を説く経の意で、主として法華経をさす。
古今著聞集(1254)二「右手に五鈷をもち、左手に一乗経をもつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android