五鈷(読み)ゴコ

デジタル大辞泉 「五鈷」の意味・読み・例文・類語

ご‐こ【五×鈷/五股】

五鈷杵ごこしょ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「五鈷」の意味・読み・例文・類語

ご‐こ【五鈷・五股・五&GI23E3;】

  1. 〘 名詞 〙 密教で用いる法具金剛杵(こんごうしょ)一つで、両端五つに分かれる。修法の際に、煩悩をくだき、仏性顕現に資するための法具。五鈷杵(ごこしょ)
    1. 五鈷〈三宝物具鈔〉
      五鈷〈三宝物具鈔〉
    2. [初出の実例]「庭中只有一茎蓮花其上有五金剛杵」(出典九暦逸文・延長八年(930)八月一七日)
    3. [その他の文献]〔大日経疏‐一一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android