仏語(読み)ぶつご

精選版 日本国語大辞典「仏語」の解説

ぶつ‐ご【仏語】

〘名〙
の説いたことば。仏の教え。
※法華義疏(7C前)一「経者、乃是聖教之通名、仏之美号」
※今昔(1120頃か)一「難陁、此の事を聞て仏語に随ひて鉢を奉る」 〔浄住子〕
仏教に関する語。仏教の術語
※第一九六‐明治元年(1868)三月二八日(法令全書)「仏語を以神号に相称候神社不少候」

ふつ‐ご【仏語】

〘名〙 フランス語
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉三「英語も仏語(フツゴ)もしらねへし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仏語」の解説

ぶつ‐ご【仏語】

仏の言葉。仏の教え。
仏教に関する語。また、仏教に由来する語。

ふつ‐ご【仏語】

フランス語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android