仏語(読み)フツゴ

デジタル大辞泉の解説

ふつ‐ご【仏語】

フランス

ぶつ‐ご【仏語】

仏の言葉。仏の教え。
仏教に関する語。また、仏教に由来する語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふつご【仏語】

フランス語。

ぶつご【仏語】

仏の語った言葉。
仏典や教義などにおいて特有の意味で用いられる言葉。仏教用語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふつ‐ご【仏語】

〘名〙 フランス語
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉三「英語も仏語(フツゴ)もしらねへし」

ぶつ‐ご【仏語】

〘名〙
① 仏の説いたことば。仏の教え。
※法華義疏(7C前)一「経者、乃是聖教之通名、仏語之美号」
※今昔(1120頃か)一「難陁、此の事を聞て仏語に随ひて鉢を奉る」 〔浄住子〕
② 仏教に関する語。仏教の術語。
※第一九六‐明治元年(1868)三月二八日(法令全書)「仏語を以神号に相称候神社不少候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏語の関連情報