コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一体課税 イッタイカゼイ

デジタル大辞泉の解説

いったい‐かぜい〔‐クワゼイ〕【一体課税】

預貯金や株式、債券、投資信託、保険などの金融取引によって生じる利益や損益を相殺した後の所得に課税すること。預貯金を投資に向けさせる意図がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

一体課税の関連キーワード損益通算証券税制

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android