損益(読み)そんえき

精選版 日本国語大辞典「損益」の解説

そん‐えき【損益】

〘名〙
① (━する) へらすこととますこと。また、へることとふえること。増加と減少。増減
※三代格‐四・大同三年(808)七月二〇日「随時損益、権冝弛張」 〔易‐損卦〕
損失と利益。損得
※文明本節用集(室町中)「斟酌損益(ソンヱキヲシンシャクス)〔出師表〕」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵投機「此通り極綿密に調べた損益概算見積り書があるンですからナ」 〔諸葛亮‐前出師表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「損益」の解説

【損益】そんえき

増減。得失。〔論語、為〕子張問ふ、十世知るべきや。子曰く、は夏の禮に因る。損する知るべきなり。

字通「損」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android