コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子価 げんしかvalence

翻訳|valence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子価
げんしか
valence

化学結合に際して,ある原子が結合しうる水素原子の数。水素と直接化合しない場合でも間接的に求められる。原子は最外殻電子の数によって決る場合が多い。したがって,これらの電子を原子価電子または単に価電子と呼ぶ。原子価を化学結合の種類によって区別する場合,たとえばイオン結合の場合は正または負のイオン原子価,共有結合の場合は共有原子価などと呼ぶ。混成軌道で化学結合する場合のように,結合に方向性があるときは方向性原子価と呼ばれ,それによって分子の立体構造が決る。原子量を原子価で割った値を当量という。 

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんし‐か【原子価】

ある原子または原子団が他の原子何個と結合しうるかを示す数。通常、水素を標準として、水素原子1個と結合する原子の原子価を1、2個と結合するものを2とし、水素と結合しないものは水素と結合する原子から間接的に決定する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

原子価【げんしか】

2種の原子が化学結合によって結合するとき,その結合する原子数の比は幾つかの決まった値(簡単な整数比)をとることが多く,水素を基準にとって1としたときのこの値を原子価という。
→関連項目価電子酸化数

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんしか【原子価 valence】

いろいろな化合物元素組成を調べると,ある元素の原子1個が他の元素の原子何個と結合しているかを知ることができる。このように化合物の中で結合している原子の数の比が決まっているのは,それぞれの原子が一定数の結合のための手のようなものをもっているからで,このような手の数をその原子の原子価という。水素原子1個に対し2個以上結合する原子がないので,水素原子Hの原子価を1とし,他の原子の原子価はその原子1個と結合しうる水素原子の数で決める。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんしか【原子価】

ある原子が他の原子何個と結合しうるかを表す尺度。通常、水素原子の原子価を一価として、水素原子何個と結合するかによってその原子の原子価を定める。水素と結合しない元素については H2O や HCl などから、酸素を二価、塩素を一価などとして、これから間接的に決める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原子価
げんしか
valence

ある元素の原子がほかの元素の原子と結合する能力を表す数、すなわち原子量を当量で割った値である。基準には水素をとり、水素原子を1価とする。たとえば、塩化水素HClは塩素原子一つが水素原子一つと結合しているので、塩素原子の原子価は1価であり、水分子H2Oの結合からわかるように、酸素原子の原子価は2価である。同様に、窒素原子の原子価は、アンモニアNH3の結合からわかるように3価である。このようにみると、元素の周期表における族の数がそのまま原子価の値に対応するようにみえる。実際、第2周期の元素についてはおおむねこの考え方が対応する。
 すべての元素は水素と直接結合するとは限らないので、そのような場合には、塩素の原子価を1価、酸素のそれを2価として、それらとの化合物の原子数の比を求め、その元素の原子価を算出する。
 各元素の原子価には電気的な正負の区別をつけたほうが便利であり、元素の電気陰性度が正負の区別の目安となる。たとえば、水素原子の原子価を正の1価とすれば、酸素、塩素の原子価はそれぞれ負の2価、1価である。しかし、多くの元素は同時に正負の両原子価を示すことがある。たとえば、塩素の負原子価は塩化水素の結合から1価のみであるが、過塩素酸HClO4では塩素の原子価は正原子価7となる。このように、各元素の原子価はかならずしも一定の値をもたない。
 硫黄(いおう)の場合も同様で、硫化水素H2Sから負原子価は2価であるが、正原子価は2価、4価、6価をとりうる。
 原子価は原子の結合する能力であるが、原子が結合するその数のように考えてはならず、あくまでも単なる結合する割合である。しかし、炭素化合物(有機化学)を学習する際には原子価の概念がきわめて便利である。炭素の原子価を4、水素、酸素、窒素の原子価をそれぞれ1、2、3価とするとき、メタンはCH4であり、メタノール(メチルアルコールCH3OH)はメタンの水素の一つがヒドロキシ基-OHと置換したことが原子価の概念で容易に理解できるし、またメチルアミンCH3NH2はメチル基-CH3とアミノ基-NH2の結合からなることも官能基ごとの原子価を用いて容易に理解できる。[下沢 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

原子価の関連キーワードティーレ(Friedrich Karl Johannes Thiele)アゾキシベンゼン(データノート)スレーター‐ポーリング法最大重なりの原理フォルランダー則アベックの規則アベッグの規則シジウィックオキシダントアクセプターラングミュア窒素化合物クロム公害飽和化合物アクセプタウェルナー原子価論配位結合二重結合量子化学

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android