コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一夜茸 ヒトヨタケ

デジタル大辞泉の解説

ひとよ‐たけ【一夜×茸】

ヒトヨタケ科のキノコ。庭や畑に群生し、高さ6~12センチ。灰白褐色で、胞子が熟すと傘が黒くなって溶ける。ごく若いものは食用になるが、酒といっしょに食べると中毒する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとよたけ【一夜茸】

担子菌類ハラタケ目のきのこ。ヒトヨタケ属に属するもの10種以上が知られる。春から秋にかけ肥沃な土壌に生える。傘は初め卵形でのちに鐘形になる。茎は太く中空。きわめて若いものは食べられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一夜茸の関連キーワードキララタケ(雲母茸)鐘形土壌

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android