一字版(読み)いちじばん

大辞林 第三版の解説

いちじばん【一字版】

近世初期に行われた木活字版。一枚の板に多くの字を彫る「整版」に対して、一字ずつ彫られた木の活字を組み合わせて製版するもの。文禄・慶長の役後、朝鮮から持ち帰った銅活字が、日本での活字の始まり。植字版うえじばん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android