一町三所(読み)いっちょうみところ

  • いっちょうみところ イッチャウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (まばらに存在している意から転じて) 綿密でないやり方のたとえ。
※俳諧・独吟一日千句(1675)第二「すこしつつ免をゆるしてことし米 一丁三所さほのかりかね」
※浄瑠璃・三浦大助紅梅靮(1730)三「姉さんの伝言(ことづて)さへ一丁三所のお前じゃものと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android