コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦大助紅梅靮 ミウラノオオスケコウバイタヅナ

2件 の用語解説(三浦大助紅梅靮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みうらのおおすけこうばいたづな〔みうらのおほすけコウバイたづな〕【三浦大助紅梅靮】

浄瑠璃。時代物。五段。長谷川千四・文耕堂合作。享保15年(1730)大坂竹本座初演。特に三段目の切(きり)が有名で、歌舞伎では「石切梶原(いしきりかじわら)」の通称で上演される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みうらのおおすけこうばいたづな【三浦大助紅梅靮】

人形浄瑠璃。時代物。5段。1730年(享保15)2月15日から大坂竹本座初演。長谷川千四,文耕堂の合作。《吾妻鑑》や《源平盛衰記》などにみえる頼朝の伊豆挙兵の史実を背景にしたもの(源平合戦物)。(1)一段目 石橋山の合戦に敗れた頼朝は,伊豆に流され,機会を待つ。一方,106歳の誕生を迎えた三浦大助を祝って一門が集まったが,孫婿(むこ)畠山重忠だけは,平家方のため参加しない。(2)二段目 頼朝の父義朝の勘気を受けたまま死んだ八丁礫(つぶて)の喜平治の妻おかつは,強欲な紺屋又九郎兵衛と再婚する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の三浦大助紅梅靮の言及

【梶原景時】より

…同じ《平家物語》巻九〈二度懸〉には,次男平次景高に向かって先駆けを戒めながらも,共に敵陣に駆け入り,嫡子景季の身を案じては,みずからの危険を省みず,2度も敵中深く入ってこれを救出するなど,子を思う父の情愛が強く表現されている。近世の浄瑠璃《三浦大助紅梅靮(みうらのおおすけこうばいたづな)》(長谷川千四,文耕堂合作)は頼朝再挙のとき,忠節を尽くした三浦大助義明,畠山重忠,梶原景時を描いているが,なかでも梶原が名刀の切れ味をためす三段目切の〈石切梶原〉はとくに名高い。【岩崎 武夫】。…

【文耕堂】より

…本名松田和吉。享保(1716‐36)ごろの大坂竹本座の作者で,初めは本名の松田和吉で書いたが,1730年2月の《三浦大助紅梅靮(みうらのおおすけこうばいたづな)》(竹本座)からは文耕堂の署名となる。作品は1722年9月の《仏御前扇車(ほとけごぜんおうぎぐるま)》が古く,これは翌年の《大塔宮曦鎧(おおとうのみやあさひのよろい)》とともに,添削者に近松門左衛門の名前があることから,近松に師事していたといわれている。…

※「三浦大助紅梅靮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三浦大助紅梅靮の関連キーワード景事豊竹座人形浄瑠璃素浄瑠璃操り浄瑠璃時代浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座淡路人形浄瑠璃内海繁太郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone