コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦大助紅梅靮 ミウラノオオスケコウバイタヅナ

デジタル大辞泉の解説

みうらのおおすけこうばいたづな〔みうらのおほすけコウバイたづな〕【三浦大助紅梅靮】

浄瑠璃。時代物。五段。長谷川千四・文耕堂合作。享保15年(1730)大坂竹本座初演。特に三段目の切(きり)が有名で、歌舞伎では「石切梶原(いしきりかじわら)」の通称で上演される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みうらのおおすけこうばいたづな【三浦大助紅梅靮】

人形浄瑠璃。時代物。5段。1730年(享保15)2月15日から大坂竹本座初演。長谷川千四,文耕堂の合作。《吾妻鑑》や《源平盛衰記》などにみえる頼朝の伊豆挙兵の史実を背景にしたもの(源平合戦物)。(1)一段目 石橋山の合戦に敗れた頼朝は,伊豆に流され,機会を待つ。一方,106歳の誕生を迎えた三浦大助を祝って一門が集まったが,孫婿(むこ)畠山重忠だけは,平家方のため参加しない。(2)二段目 頼朝の父義朝の勘気を受けたまま死んだ八丁礫(つぶて)の喜平治の妻おかつは,強欲な紺屋又九郎兵衛と再婚する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の三浦大助紅梅靮の言及

【梶原景時】より

…同じ《平家物語》巻九〈二度懸〉には,次男平次景高に向かって先駆けを戒めながらも,共に敵陣に駆け入り,嫡子景季の身を案じては,みずからの危険を省みず,2度も敵中深く入ってこれを救出するなど,子を思う父の情愛が強く表現されている。近世の浄瑠璃《三浦大助紅梅靮(みうらのおおすけこうばいたづな)》(長谷川千四,文耕堂合作)は頼朝再挙のとき,忠節を尽くした三浦大助義明,畠山重忠,梶原景時を描いているが,なかでも梶原が名刀の切れ味をためす三段目切の〈石切梶原〉はとくに名高い。【岩崎 武夫】。…

【文耕堂】より

…本名松田和吉。享保(1716‐36)ごろの大坂竹本座の作者で,初めは本名の松田和吉で書いたが,1730年2月の《三浦大助紅梅靮(みうらのおおすけこうばいたづな)》(竹本座)からは文耕堂の署名となる。作品は1722年9月の《仏御前扇車(ほとけごぜんおうぎぐるま)》が古く,これは翌年の《大塔宮曦鎧(おおとうのみやあさひのよろい)》とともに,添削者に近松門左衛門の名前があることから,近松に師事していたといわれている。…

※「三浦大助紅梅靮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三浦大助紅梅靮の関連キーワード人形浄瑠璃

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android