一簞の食、一瓢の飲(読み)いったんのし、いっぴょうのいん

故事成語を知る辞典の解説

とても貧しい生活のたとえ。また、貧しい生活を楽しむことのたとえ。

[由来] 「論語よう」に出て来る孔子のことばから。孔子の弟子のがんかいは、「一簞の食、一瓢の飲(竹の器一つだけの料理と、ひょうたん一つだけのみもの)」しかないような、他人には耐えられないような貧しい生活をしながら、それを楽しんでいました。孔子はそのことを、「賢なるかな」とほめています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android