コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一瓢 イッピョウ

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ぴょう〔‐ペウ〕【一×瓢】

一つのひょうたん。一つのひさご。転じて、わずかな料、特に酒をいう。「一箪(いったん)の(し)一瓢の飲」
「―を携(たずさ)えて墨堤に遊ぶ」〈漱石吾輩は猫である

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一瓢 いっぴょう

1770-1840 江戸時代後期の僧,俳人。
明和7年生まれ。江戸の日蓮宗本行寺の住職小林一茶,夏目成美らと交遊し,飄逸(ひょういつ)な句をつくる。伊豆(いず)の妙法華寺,京都の本満寺,妙顕寺の住職をへて,晩年,本行寺にかえる。天保(てんぽう)11年7月7日死去。71歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。姓は川原別号に知足坊,玉山人など。法名は日桓。句集に「玉山人家集」「俳三昧」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぴょう【一瓢】

ひょうたん一つ。
〔ひょうたんに主として酒を入れることから〕 携行する酒。 「 -をたずさえての花見」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一瓢の関連キーワード一瓢庵関里(7代)ヒョウタン一箪・一簞寰海宗唆岡西惟中今泉一瓢箪食瓢飲携える俳人講談墨堤一茶花見

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一瓢の関連情報