一縄(読み)いちじよう

普及版 字通「一縄」の解説

【一縄】いちじよう

一本の。〔後漢書、徐穉伝〕我が爲に郭林宗()に謝せよ。大樹將(まさ)に(たふ)れんとす。一繩の(つな)ぐに非ず。何爲(なんす)れぞ栖栖として、處(安居)するに遑(いとま)あらざると。

字通「一」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android