コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般航空 いっぱんこうくうgeneral aviation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般航空
いっぱんこうくう
general aviation

定期または不定期の大型輸送機による旅客輸送や貨物輸送以外の民間航空の総称。狭義には警察,消防,海上保安庁など公的機関による飛行も含まない。その場合の活動分野は自家用飛行,商用飛行,スポーツや遊覧などのレジャー飛行,そして訓練飛行という4分野に大別される。自家用飛行には個人的な乗用機として使うものや社用ビジネス機として使うものが含まれ,新聞社の所有機による報道取材もこれに含まれる。商用飛行の分野は小型機によるチャータ飛行やエアタクシーなどの人員輸送事業と,建設協力,写真撮影,航空測量,広告宣伝,薬剤散布,魚群探知,送電線パトロール,報道取材などの航空機使用事業がある。日本でも「一般航空」より「ジェネラルアビエーション」ということが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android