コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一閑 イッカン

大辞林 第三版の解説

いっかん【一閑】

1578~1657) 江戸初期の漆工。明みんの人。寛永(1624~1644)頃日本に帰化、一閑張の祖として知られる。飛来ひらいの姓を名乗り、以後子孫が代々家業を継ぐ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一閑の関連キーワード石川県白山市鶴来本町荒木 古童(初代)黒沢琴古(初代)一閑張(一貫張)豊田古童(1世)宇治紫文(初代)荒木古童(2代)荒木古童(2世)宇治紫文(1世)小山田十兵衛5月23日松原一閑斎千種庵諸持島津忠高武野紹鴎田中宗得宝生宝山飛来一閑鏑木幸雄七種蓋置

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一閑の関連情報