飛来(読み)ひらい

精選版 日本国語大辞典「飛来」の解説

ひ‐らい【飛来】

〘名〙 とんでくること。〔文明本節用集(室町中)〕
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉刊行日記「電報飛来して故山の伯父の訃音を伝ふ」 〔古楽府‐豔歌何嘗行〕

とび‐きた・る【飛来】

〘自ラ四〙 とんで来る。また、いそいで走って来る。
※観智院本三宝絵(984)上「鹿足王空より飛ひ来りて須陁广王を取て去りぬ」 〔劉希夷‐代悲白頭翁詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「飛来」の解説

ひ‐らい【飛来】

[名](スル)飛んで来ること。「ハクチョウが飛来する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android