七人の子はなすとも女に心許すな(読み)しちにんのこはなすともおんなにこころゆるすな

精選版 日本国語大辞典の解説

しちにん【七人】 の=子(こ)[=子仲(こなか)]はなすとも女(おんな)に=心(こころ)[=肌(はだ)]許(ゆる)すな

(「詩経‐邶風・凱風」の序の「衛之淫風流行、雖七子之母、猶不其室」によることば) 七人の子どもまででき、長年連れ添った妻にも油断してはならない。女には気を許すなということ。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)二「親故にてい女の道やぶるやつにはあらね共、七人の子はなす共女に心ゆるすなと申すせわも有といひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android