凱風(読み)がいふう

精選版 日本国語大辞典「凱風」の解説

がい‐ふう【凱風】

〘名〙 (「」は、やわらぐ) 南から吹く快い風。南風
※和漢朗詠(1018頃)上「枝には金鈴を繋(か)けたり春の雨の後 花は紫麝(しじゃ)を薫(くん)ず凱風の程〈具平親王〉」 〔詩経‐邶風〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「凱風」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「凱風」の解説

【凱風】がいふう

南風。和風。〔楚辞遠遊〕凱風に順ひて、以て從(しよういう)せん 南に至りて、壹(ひと)たび息(いこ)はん

字通「凱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android