七日盆(読み)ナヌカボン

デジタル大辞泉の解説

なぬか‐ぼん【七日盆】

7月7日をいう。この日に墓掃除・井戸替え・女の髪洗いなどをする。盆はじめ。なぬかび。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なぬかぼん【七日盆】

七月七日をいう。盆行事の初日。この日に墓掃除などをする地方が多い。盆始め。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の七日盆の言及

【七夕】より

…織女星は神格化されて〈織り姫さま〉ともよばれ,短冊にも子女が競って願望を文芸的に表現し,きわめてうるおいのある風俗行事を発達させたといえる。 この星祭とは別に,民俗上からとくに注目されるのは,この日を盆の一部として扱い,ナヌカボン(七日盆)とかナヌカビとよんで,精霊(しようりよう)を迎えるための準備を行う風が全国的に見られることである。カヤやマコモで馬をつくり,庭に置いたり,綱でつるしたり,屋根に上げるのは東日本に広く見られる。…

【ねぶた】より

…ねぶたの語は,〈佞武多〉などと当て字されるが,元来は襲いくる眠気を意味するという。七日盆には水で心身の清浄をはかろうとする伝承が多いが,ねぶたも,収穫の秋を控え労働の妨げをなす睡魔を飾物といっしょに水に流し去ろうとするものであったかと思われる。【田中 宣一】。…

※「七日盆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android