七時(読み)しちじ

精選版 日本国語大辞典の解説

しち‐じ【七時】

〘名〙
① 一日を晨朝・日中(斎前・斎後)・日没・初夜・中夜・後夜の七つに分けた、その七番目すなわち後夜をいう。
※参天台五台山記(1072‐73)一「七行法如例修了」
② 時刻の名称の一つ。一昼夜を二四分した、その七番目の時刻。また、一昼夜を午前と午後とに分け、それぞれを一二分した、その七番目の時刻。
※露団々(1889)〈幸田露伴〉一三「三十一人の候補者は、午後七時迄といふ招状に応じて、続々と入り来るを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七時の関連情報