日没(読み)にちもつ

精選版 日本国語大辞典「日没」の解説

にち‐もつ【日没】

〘名〙
※長秋記‐天永二年(1111)二月一一日「日没間、着御祝曾杜駄餉所」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② 仏語。六時の一つで、その第三の刻(午後六、七時頃)。また、その時に行なわれる勤行(ごんぎょう)
※霊異記(810‐824)下「日没の時に臻れるが故に、仏を礼す応しといふ」
※源平盛衰記(14C前)一一「日没(ニチモツ)静に礼讚し、念仏貴く唱へつつ」

にち‐ぼつ【日没】

〘名〙 太陽が地平線下に没すること。また、その時。日の入り。いりあい。にちもつ。じつぼつ。〔音訓新聞字引(1876)〕
※あひゞき(1888)〈二葉亭四迷訳〉「日没にはまだ半時間も有らうに」 〔隋書‐倭国伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android