日没(読み)にちもつ

精選版 日本国語大辞典「日没」の解説

にち‐もつ【日没】

〘名〙
※長秋記‐天永二年(1111)二月一一日「日没間、着御祝曾杜駄餉所」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② 仏語。六時の一つで、その第三の刻(午後六、七時頃)。また、その時に行なわれる勤行(ごんぎょう)
※霊異記(810‐824)下「日没の時に臻れるが故に、仏を礼す応しといふ」
※源平盛衰記(14C前)一一「日没(ニチモツ)静に礼讚し、念仏貴く唱へつつ」

にち‐ぼつ【日没】

〘名〙 太陽が地平線下に没すること。また、その時。日の入り。いりあい。にちもつ。じつぼつ。〔音訓新聞字引(1876)〕
※あひゞき(1888)〈二葉亭四迷訳〉「日没にはまだ半時間も有らうに」 〔隋書‐倭国伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android