七転八起き(読み)ななころびやおき

精選版 日本国語大辞典の解説

ななころび【七転】 八起(やお)

(七たびころんで八たび起きる意) 何度失敗しても屈することなく立ちあがること。一度や二度の失敗ぐらいで気落ちせず、がんばるべきであるということ。転じて、人の世の浮き沈みの激しいことのたとえにも用いる。
※評判記・吉原人たばね(1680頃)りしゃう「よの中は夢まぼろし、七ころひ八をき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android