二度(読み)にど

精選版 日本国語大辞典「二度」の解説

に‐ど【二度】

〘名〙
① ふたたび。二回。
※大鏡(12C前)道長上「としに二度の御祭あり」
② 杯に二杯の酒を飲むこと。また、その酒。〔四季草(1778)六(古事類苑・礼式四)〕
③ 昼食。
※人情本・春色玉襷(1856‐57頃)三「お二度(中食をいふ)を仕舞ってから村尾さんが長咄を遊ばしたので」
④ 西洋音階で、ある音を一度とし、その次の音との間の音程長音程の長二度、半音程の短二度、長音程プラス半音程の増二度の別がある。
⑤ 角度、温度などをはかる単位で、一度の二倍。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「二度」の解説

に‐ど【二度】

2回。ふたたび。「二度は言わない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android