コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万霊節 ばんれいせつ All souls' day

翻訳|All souls' day

3件 の用語解説(万霊節の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万霊節
ばんれいせつ
All souls' day

カトリックですべての逝去した信者の霊を祀る記念日。万聖節の翌日すなわち 11月2日。2日が日曜の場合は3日。死者の記念日ともいう。この祝日はクリュニーの修院長オディロ (994~1048) によって定められ,クリュニー派の伝播とともに急速に広まった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典の解説

万霊節

カトリックでは、毎年11月2日を「死者の日」と定め、教会に集まりミサを行い、墓前に花を捧げます。

出典|葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

大辞林 第三版の解説

ばんれいせつ【万霊節】

キリスト教特にカトリック教会や聖公会の一部で、万聖節の翌日である11月2日になされる死者の記念日。死者の日。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の万霊節の言及

【万聖節】より

…農民は自分で火をたき先祖の霊を導き,悪魔を追い払った。この日に死者をまつる習慣はヨーロッパ全土で広く行われていたが,教会はこの異教の習慣を抑えるために万聖節を定め,さらに翌11月2日を万霊節All Souls’ Dayとした。イギリスでは祭りの習慣がガイ・フォークス・デー(11月5日)に残っている。…

※「万霊節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

万霊節の関連キーワードカトリック労働組合列福カトリック教会聖徒聴罪ローマカトリック教会加特力万霊祭すべての石の下に聖パトリック・デー

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

万霊節の関連情報