万霊節(読み)ばんれいせつ(英語表記)All souls' day

翻訳|All Souls' Day

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトリックですべての逝去した信者の霊を祀る記念日。万聖節の翌日すなわち 11月2日。2日が日曜の場合は3日。死者の記念日ともいう。この祝日はクリュニーの修院長オディロ (994~1048) によって定められ,クリュニー派の伝播とともに急速に広まった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の万霊節の言及

【万聖節】より

…農民は自分で火をたき先祖の霊を導き,悪魔を追い払った。この日に死者をまつる習慣はヨーロッパ全土で広く行われていたが,教会はこの異教の習慣を抑えるために万聖節を定め,さらに翌11月2日を万霊節All Souls’ Dayとした。イギリスでは祭りの習慣がガイ・フォークス・デー(11月5日)に残っている。…

※「万霊節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万霊節の関連情報