三十三年忌(読み)さんじゅうさんねんき

世界大百科事典内の三十三年忌の言及

【位牌】より

…庶民の位牌は墓地の石塔と同様,近世の元禄以降に一般化した。三十三年忌をすぎると,位牌を焼却,寺納などして個霊祭祀をやめる。なお,生前に作成する逆修位牌もある。…

※「三十三年忌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android