コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親元日記 ちかもとにっき

2件 の用語解説(親元日記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親元日記
ちかもとにっき

室町幕府の政所代蜷川親元の日記。現存しているのは寛正6 (1465) 年,文明5 (73) 年6~12月の部分,および同9,同 13,同 15,同 17年の部分。別録として『政所内評定記録』 (61~66) ,『政所賦銘引付』 (73~84) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親元日記
ちかもとにっき

蜷川(にながわ)親元の日記。蜷川氏は室町幕府政所(まんどころ)執事を世襲した伊勢(いせ)家の家宰で、政所代を勤めた。職務がら、将軍や伊勢家の当主貞宗(さだむね)の動向、有力大名の動き、政所の活動状況、応仁(おうにん)の乱(1467~77)前後の社会情勢などを記し、貴重な史料である。自筆本の残っているのは1473年(文明5)~86年(文明18)のうち6年分5冊一軸、写本のみ残るのは1465年(寛正6)~83年(文明15)のうち4年分である。『続史料大成』所収。[桑山浩然]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親元日記の関連キーワード蜷川智蘊蜷川親元執事蜷川親元日記蜷川親孝蜷川親俊蜷川親長折紙方蜷川親俊日記政所壁書

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone