コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親元日記 ちかもとにっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

親元日記
ちかもとにっき

室町幕府の政所蜷川親元の日記。現存しているのは寛正6 (1465) 年,文明5 (73) 年6~12月の部分,および同9,同 13,同 15,同 17年の部分。別録として『政所内評定記録』 (61~66) ,『政所賦銘引付』 (73~84) がある。政所を中心とした幕政の記事が多い。『史料大成』所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親元日記
ちかもとにっき

蜷川(にながわ)親元の日記。蜷川氏は室町幕府政所(まんどころ)執事を世襲した伊勢(いせ)家の家宰で、政所代を勤めた。職務がら、将軍や伊勢家の当主貞宗(さだむね)の動向、有力大名の動き、政所の活動状況、応仁(おうにん)の乱(1467~77)前後の社会情勢などを記し、貴重な史料である。自筆本の残っているのは1473年(文明5)~86年(文明18)のうち6年分5冊一軸、写本のみ残るのは1465年(寛正6)~83年(文明15)のうち4年分である。『続史料大成』所収。[桑山浩然]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

親元日記の関連キーワード応仁・文明の乱蜷川親元日記日野富子伊勢氏折紙方蜷川

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android