コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十三回忌 サンジュウサンカイキ

デジタル大辞泉の解説

さんじゅうさん‐かいき〔サンジフサンクワイキ〕【三十三回忌】

人の死後満32年、数えて33年目の忌日。また、その日に行う法事

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんじゅうさんかいき【三十三回忌】

死亡した年から満32年目にあたる忌日。また、その日に行う仏事。三十三年忌。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三十三回忌の言及

【年忌】より

…この日に死者供養の仏事が行われる。一周忌,三回忌,七回忌,十三回忌,十七回忌,二十五回忌,二十七回忌,三十三回忌,五十回忌,百回忌とある。通常は三十三回忌で終わるが,真宗地帯では五十回忌,百回忌もしている。…

※「三十三回忌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三十三回忌の関連キーワード十王(亡者を裁く10人の王)葬送儀礼のことばおさん/茂兵衛尭延入道親王新古演劇十種堀尾金助母大経師昔暦梢付き塔婆三十三年忌スギ(杉)観世華雪中山三屋村田宗珠斎藤妙椿花柳寿美大場寥和住友友信村瀬湖十横川景三悦堂妙可

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三十三回忌の関連情報