コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三姓穴 さんせいけつ

1件 の用語解説(三姓穴の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

さんせいけつ【三姓穴】

韓国・チェジュド(済州島)のチェジュ(済州)市にある聖地。古代の済州島にあった耽羅(たんら)国を建国したコウルナ(高乙那)、ヤンウルナ(良乙那)、ブウルナ(夫乙那)の三神人がここで生まれ、暮らしていたという、済州島の建国神話が語り継がれている。この神々の末裔とされるゴ(高)、ヤン(良)、ブ(夫)姓の人々によって、毎年春と秋に祭礼が行われている。◇「サムソンヒョル」とも読む。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三姓穴の関連キーワード済州島コノピシュチェ城済州道ブチェジ山済州特別自治道済州マラソンフェスティバルニフェジピン韓国・済州島の海女

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三姓穴の関連情報