三寸俎板を見抜く(読み)サンズンマナイタヲミヌク

精選版 日本国語大辞典の解説

さんずんまないた【三寸俎板】 を 見抜(みぬ)

(三寸俎板の裏まで見抜くの意から) 眼力の鋭いこと、洞察力のすぐれていることのたとえ。また、(「見抜く」が「見抜いた」の形で)たしかに見極めたの意。
※浮世草子・世間胸算用(1692)二「猫さへ眼(まなこ)三寸まないたを見ぬき、さかなかけごとりとしても、声を出して守りける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android