三平開胸(読み)サンペイカイキョウ

デジタル大辞泉の解説

さんぺい‐かいきょう【三平開胸】

中国の故事。唐の禅僧石鞏(せっきょう)が、参禅に来た三平(義忠禅師)に弓を向けて試したところ、三平は弓を恐れず胸を開き、それは人を殺すか活(い)かす矢かとたずねたので、深く感じ入ったという。画題とされる。石鞏張弓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぺいかいきょう【三平開胸】

唐の禅僧石鞏せつきようは僧が訪ねて来ると弓を引いて相手の人物を試していたが、三平(義忠禅師)は胸を開きその矢は人を生かす矢か殺す矢かと問いかけ石鞏に弓を捨てさせたという故事。画題となる。石鞏張弓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android