画題(読み)ガダイ

デジタル大辞泉 「画題」の意味・読み・例文・類語

が‐だい〔グワ‐〕【画題】

絵の題名
絵のテーマ
[類語]題名題目題号標題表題外題げだい内題名題なだい作品名・書名書目編目演題タイトル仮題原題

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「画題」の意味・読み・例文・類語

が‐だいグヮ‥【画題】

  1. 〘 名詞 〙 絵画の題名。また、絵画のテーマ。
    1. [初出の実例]「弟は〈略〉ステッキの細工を始めしが、狗頭(いぬがしら)を彫(ほ)るとて器用に小刀を使ひ頻りに苦心する様、よき画題(グヮダイ)なり」(出典無窮(1899)〈国木田独歩〉)
    2. [その他の文献]〔沈佺期‐赦到不得帰題江上石詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「画題」の読み・字形・画数・意味

【画題】がだい

画の題材

字通「画」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android