参禅(読み)サンゼン

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぜん【参禅】

[名](スル)禅の道に入って修行すること。また、座禅を組むこと。「本山に参禅する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぜん【参禅】

( 名 ) スル
座禅して禅を修学すること。特に、ある師の指導の下に禅の修行をすること。参学座禅。問禅。 「老師の下に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐ぜん【参禅】

〘名〙 禅道を学ぶこと。また、坐禅を組むこと。
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「この三昧に遊化(ゆけ)するに、端坐参禅を正門とせり」 〔皮日休‐題文山南峯僧舎詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

参禅の関連情報