コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三方沙弥 みかたの しゃみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三方沙弥 みかたの-しゃみ

?-? 飛鳥(あすか)時代の歌人。
「万葉集」に「園臣生羽(そののおみ-いくは)の女(むすめ)を娶(ま)きて」や,「妻苑臣を恋ひて作る歌」と,藤原房前(ふささき)の代作者としてよんだ歌がある。三形沙弥ともかく。
【格言など】たけばぬれたかねば長き妹(いも)が髪この頃見ぬに掻きれつらむか(「万葉集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三方沙弥の言及

【山田三方】より

…《懐風藻》に大学頭として3首の詩が残る。万葉歌人の三方沙弥は別人とする説が有力。【後藤 昭雄】。…

※「三方沙弥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三方沙弥の関連キーワード山田三方園生羽女

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android