三族の罪(読み)サンゾクノツミ

精選版 日本国語大辞典の解説

さんぞく【三族】 の 罪(つみ)

ひとりが罪を犯せば、その人の三族にまで、罰が及ぶ刑。三族罪科。
太平記(14C後)二「罪大逆に同じとて、則伝奏を召し出して三族(ゾク)の罪に行はれけり」 〔史記‐秦紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android