コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三族 サンゾク

3件 の用語解説(三族の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぞく【三族】

身近な三つの親族。父方の一族、母方の一族、妻の一族。または、父・子・孫、父母・兄弟・妻子など。
「今は残り留まりたる者とては、―に遁(のが)れざる一家の輩(ともがら)」〈太平記・一一〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三族
さんぞく

近い間柄の三つの親族。諸説があって一定しないが、『礼記(らいき)』には父、子、孫をあげ、『儀礼』には父の昆弟(こんてい)(兄弟)、自分の昆弟、子の昆弟を、『史記』では父母、兄弟、妻子を数えるが、父の一族、母の一族、妻の一族とする例もみられるほか、特定の3家族をさすこともあった。「三族の罪」といって、古くは、1人が罪を犯せば、その人の三族にまで罰が及ぶ刑があった。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三族の関連情報