コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三条季晴 さんじょう すえはる

美術人名辞典の解説

三条季晴

実顕の男。明和7年内大臣、安永8年右大臣、従一位。号後誠心院。天明元年(1781)、49才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条季晴 さんじょう-すえはる

1733-1782* 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
享保(きょうほう)18年10月22日生まれ。三条実顕(さねあき)の子。母は三条公充(きんみつ)の娘。安永8年右大臣にすすんだ。従一位。天明元年11月28日死去。49歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

三条季晴 (さんじょうすえはれ)

生年月日:1733年10月22日
江戸時代中期の公家
1781年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

三条季晴の関連キーワード武者小路実純生年月日三条実起

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android