コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三来一補 さんらいいっぽ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三来一補
さんらいいっぽ

中国の経済開放政策における外資利用の形態を示すことば。三来とは,原材料サンプルの提供による委託加工およびノックダウンを,一補とは補償貿易を意味する。沿海地区経済発展戦略で打ち出された原材料市場と販売市場の両方を国際市場に置くという両頭在外方式の主要な形態である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android