コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際市場 こくさいいちば

1件 の用語解説(国際市場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こくさいいちば【国際市場】

韓国のプサン(釜山)特別市の地下鉄チャガルチ駅近くにある、眼鏡、帽子、アクセサリー、寝具類、電気用品、外国食品などを販売するショッピング街。本来の国際市場は細長い2階建ての2棟の建物に入った商店の総称だが、その周辺を含む5000軒以上の小さな商店、食堂・レストラン、露店、屋台、ブランドショップデパートなどのある一角を意味する名前として用いられることも多い。この市場は、戦後、自然発生的に生まれた闇市から発展した常設市場で、海外の商品を売っていたことが名前の由来である。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内の国際市場の言及

【釜山】より

…市街地は海岸線と凡川に沿った細長い平地に形成されている。市の中心地にある竜頭山公園の西下に広がる一帯は国際市場と呼ばれ,ソウルの東大門市場と並び称される大商業地となっている。縦に細長く発達した市街地を結ぶ幹線道路が長く1本しかなく,交通事情はよくなかったが,最近南北を貫通する地下鉄が開通し,大幅に改善された。…

※「国際市場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際市場の関連情報