コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三澄 さんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三澄 さんちょう

?-? 平安時代前期の僧。
摂津島下郡(大阪府)に真言宗神岑山(かぶさん)寺をたてる。春に最勝王経を,秋に法華経講説。同寺は,貞観(じょうがん)2年(860)清和天皇より忍頂寺の寺号をあたえられ,御願(ごがん)寺となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三澄の関連情報