寺号(読み)ジゴウ

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐ごう ‥ガウ【寺号】

〘名〙 寺の称号。寺の名。
※源平盛衰記(14C前)九「我家を堂とし、我名を寺号(ジガウ)に付けつつ」
※黄表紙・金々先生栄花夢(1775)「寺ごうを龍泉寺といふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寺号の言及

【奈良時代美術】より

…673年(天武2)造高市(たけち)大寺司を任命し,翌年百済大寺を飛鳥高市に移して高市大寺とし,さらに677年大官大寺と改称した。このほか貴族の氏寺造営も盛んとなり,679年に諸寺の寺号が和風から漢風に改められた。683年には僧正,僧都,律師が任ぜられる。…

※「寺号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺号の関連情報