三花嶺弥勒三尊仏(読み)さんかれいみろくさんぞんぶつ(英語表記)Samhwa-ryǒng Mirǔk samjon-bul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三花嶺弥勒三尊仏」の解説

三花嶺弥勒三尊仏
さんかれいみろくさんぞんぶつ
Samhwa-ryǒng Mirǔk samjon-bul

韓国国立慶州博物館蔵の三国時代新羅の石仏。倚坐の如来像と両菩薩立像から成る三尊仏。元南山北峰 (三花嶺) の山頂付近の遺跡に安置されていたもので,『三国遺事』にみえる「生義寺石弥勒」にあたることからこの名がある。中国,六朝末期から隋代の彫刻様式を伝え,特に両脇侍菩薩は日本の白鳳仏 (→白鳳彫刻 ) に似て童顔である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android