童顔(読み)どうがん

精選版 日本国語大辞典「童顔」の解説

どう‐がん【童顔】

〘名〙 子どもの頃のつき。幼児の顔。おさな顔。また、子どものような顔つき。子どもじみた顔。
※性霊集‐三(835頃)中寿感興詩「何忍日天、矢運奪人顔」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「眼秀(ひいで)、眉髯白く、童顔(ドウガン)仙骨凡(よのつね)ならず」 〔鮑照‐蕭史曲〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android