三国遺事(読み)サンゴクイジ

デジタル大辞泉 「三国遺事」の意味・読み・例文・類語

さんごくいじ〔サンゴクヰジ〕【三国遺事】

朝鮮歴史書。5巻。高麗忠烈王のとき、僧の一然(1206~1289)が撰。「三国史記」に漏れた新羅しらぎ百済くだら高句麗こうくり遺聞集録したもの。仏教関係や民間伝承記事が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「三国遺事」の意味・読み・例文・類語

さんごくいじ‥ヰジ【三国遺事】

  1. 朝鮮の史書。五巻。高麗の僧、一然撰。一二八九年頃成立。「三国史記」にもれた新羅百済高句麗三国の遺聞を九部門に分類して集録。特に仏教関係の記事、古歌謡などの民間伝承の記載や三国と駕洛(から)の四段に分けた対照年表風な別巻「王暦」に特色がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「三国遺事」の意味・わかりやすい解説

三国遺事 (さんごくいじ)

新羅史を中心とした古代朝鮮の私撰の歴史書。高麗の高僧一然(1206-89)が,1280年代に編纂し,弟子の無極が補筆。5巻9編からなり,第1巻は王暦・紀異,第2巻は紀異,第3巻は興法・塔像,第4巻は義解,第5巻は神呪・感通・避隠・孝善の諸編。第1巻,第2巻は年表,新羅通史,諸国の個別の歴史記事。第3巻以降は仏教史関係の記事で,その構成は梁・唐両高僧伝の影響をうけながらも,朝鮮仏教史の特徴を生かしている。王暦や第2巻の《駕洛(から)国記》の抄録などは他に類例のない史料である。紀異の最初の項目に檀君王倹の神話をあげたことは,本書が単に《三国史記》の補遺でなく,元の支配に反対し,民族の自主独立を標榜した歴史書といえる。仏教説話記事には,文芸作品ともみられるものがあり,とくに新羅の郷歌は文学的価値や言語学資料としての価値が高い。版本では正徳本が,活字本では朝鮮史学会本第3版(1973)が最良である。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「三国遺事」の意味・わかりやすい解説

三国遺事【さんごくいじ】

古代朝鮮の私撰歴史書。5巻。著者は高麗の僧一然〔1206-1289〕。高句麗百済新羅の三国の雑史を,王暦・紀異・興法・塔像・義解・神呪・感通・避隠・孝善の9篇に分けて収録している。仏教的な記事が多く,説話集的な側面を持つ点,同じ古代朝鮮の歴史書である《三国史記》と対照的。14首採録されている〈郷歌(ヒャンガ)〉は,朝鮮の古代歌謡として価値が大きく,新羅の言語資料としても重要である。
→関連項目檀君

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「三国遺事」の意味・わかりやすい解説

三国遺事
さんごくいじ / サムグクユサ

朝鮮の新羅(しらぎ)、高句麗(こうくり)、百済(くだら)三国の遺聞逸事(いぶんいつじ)を記した書籍。高麗(こうらい)時代の高僧一然(いちねん)(1206―89)晩年の著作で、弟子の無極が一部補筆。5巻。巻頭に年表としての王暦を置き、以下、紀異第一、同第二、興法、塔像、義解、神呪(しんじゅ)、感通、避隠、孝善の9編に分かれる。興法編以下はほとんど仏教関係記事である。『三国史記』にみえない、あるいは異なる所伝も多く、朝鮮古代研究の基本史料である。李朝(りちょう)中宗代(1506~44)の慶州刊本が影印されて流布している。

[田中俊明]

『金思燁訳『完訳三国遺事』(1976・朝日新聞社)』『三品彰英遺撰『三国遺事考証』上中(1975、79・塙書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「三国遺事」の意味・わかりやすい解説

三国遺事
さんごくいじ
Samguk-yusa

朝鮮,古代三国 (新羅,高句麗,百済) についての古記録を収集した書物。 13世紀後半の僧一然 (普覚国師) の晩年の撰述で,原版は残っておらず,中宗7 (1512) 年の再刊本,天理図書館所蔵の今西本 (5巻9編) が現存する。編目の立て方は中国の仏書に似ており,内容は仏教関係が中心であるが,単なる仏教書ではなく,「檀君説話」や「駕洛国記」や「王暦」のように歴史的にも重要な記述がある。また 14首の郷歌 (ヒャンガ) は日本の『万葉集』にも比すべきものとして評価が高い。 1964年学習院東洋文化研究所から今西本が影印刊行され,また訳本も日本,韓国,北朝鮮でそれぞれ刊行されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「三国遺事」の解説

三国遺事
さんごくいじ

高麗僧の一然(いちねん)が編纂した朝鮮古代史に関する外史。完成は1280年代と推定され,全5巻,9部門からなる。前半の王暦・紀異では朝鮮古代史全般の遺聞・伝説を,後半では僧伝,寺院・仏塔の建立縁起など仏教関係記事を収め,「三国史記」を補う箇所が多い。巻頭の「古朝鮮」は檀君(だんくん)朝鮮の最古の史料であり,ここに朝鮮史の始まりをおいた点は注目される。現存最古の刊本は「三国史記」と並んで刊行された1512年のものであるが,一然以後の割注が混入しており史料批判を要する。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

山川 世界史小辞典 改訂新版 「三国遺事」の解説

『三国遺事』(さんごくいじ)

朝鮮の高麗(こうらい)の僧一然(いちねん)(1206~89)の編。5巻。三国(新羅百済高句麗)の遺聞を集める。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「三国遺事」の解説

三国遺事
さんごくいじ

朝鮮三国(新羅 (しらぎ) ・高句麗 (こうくり) ・百済 (くだら) )時代の史書
14世紀初期の成立。5巻。高麗の僧一然の著。三国に関する史実・伝説などを集め,分類したもので,仏教関係の記事が多い。『三国史記』とともに朝鮮古代史研究には重要な文献。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の三国遺事の言及

【郷歌】より

…詞脳(詩悩,思内)歌,兜率歌などともいう。《三国遺事》に14首,別に均如(新羅末~高麗初の高僧。917‐973)の作った賛歌〈普賢十種願王歌〉11首が今日伝わっている。…

【檀君】より

…名は王倹。高麗時代に編まれた《三国遺事》では,檀君王倹をどの王朝の始祖王ともしないで,朝鮮全土の開国神・始祖神としてとりあげた。この神話の要旨は,帝釈桓因(たいしやくかんいん)の子桓雄が熊女と結婚し,檀君王倹が生まれた。…

※「三国遺事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android