コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三国遺事 さんごくいじ Samguk-yusa

6件 の用語解説(三国遺事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三国遺事
さんごくいじ
Samguk-yusa

朝鮮,古代三国 (新羅,高句麗,百済) についての古記録を収集した書物。 13世紀後半の僧一然 (普覚国師) の晩年の撰述で,原版は残っておらず,中宗7 (1512) 年の再刊本,天理図書館所蔵の今西本 (5巻9編) が現存する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんごくいじ〔サンゴクヰジ〕【三国遺事】

朝鮮の歴史書。5巻。高麗の忠烈王のとき、僧の一然(1206~1289)が撰。「三国史記」に漏れた新羅(しらぎ)百済(くだら)高句麗(こうくり)の遺聞を集録したもの。仏教関係や民間伝承の記事が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三国遺事【さんごくいじ】

古代朝鮮の私撰歴史書。5巻。著者は高麗の僧一然〔1206-1289〕。高句麗百済新羅の三国の雑史を,王暦・紀異・興法・塔像・義解・神呪・感通・避隠・孝善の9篇に分けて収録している。
→関連項目檀君

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんごくいじ【三国遺事】

新羅史を中心とした古代朝鮮の私撰の歴史書。高麗の高僧一然(1206‐89)が,1280年代に編纂し,弟子の無極が補筆。5巻9編からなり,第1巻は王暦・紀異,第2巻は紀異,第3巻は興法・塔像,第4巻は義解,第5巻は神呪・感通・避隠・孝善の諸編。第1巻,第2巻は年表,新羅通史,諸国の個別の歴史記事。第3巻以降は仏教史関係の記事で,その構成は梁・唐両高僧伝の影響をうけながらも,朝鮮仏教史の特徴を生かしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんごくいじ【三国遺事】

朝鮮の史書。五巻。高麗の僧、一然(1206~1289)の撰。「三国史記」に漏れた新羅しらぎ・百済くだら・高句麗こうくりの遺聞を集める。仏教関係の記述が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三国遺事
さんごくいじ / サムグクユサ

朝鮮の新羅(しらぎ)、高句麗(こうくり)、百済(くだら)三国の遺聞逸事(いぶんいつじ)を記した書籍。高麗(こうらい)時代の高僧一然(いちねん)(1206―89)晩年の著作で、弟子の無極が一部補筆。5巻。巻頭に年表としての王暦を置き、以下、紀異第一、同第二、興法、塔像、義解、神呪(しんじゅ)、感通、避隠、孝善の9編に分かれる。興法編以下はほとんど仏教関係記事である。『三国史記』にみえない、あるいは異なる所伝も多く、朝鮮古代研究の基本史料である。李朝(りちょう)中宗代(1506~44)の慶州刊本が影印されて流布している。[田中俊明]
『金思訳『完訳三国遺事』(1976・朝日新聞社) ▽三品彰英遺撰『三国遺事考証』上中(1975、79・塙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三国遺事の言及

【郷歌】より

…詞脳(詩悩,思内)歌,兜率歌などともいう。《三国遺事》に14首,別に均如(新羅末~高麗初の高僧。917‐973)の作った賛歌〈普賢十種願王歌〉11首が今日伝わっている。…

【檀君】より

…名は王倹。高麗時代に編まれた《三国遺事》では,檀君王倹をどの王朝の始祖王ともしないで,朝鮮全土の開国神・始祖神としてとりあげた。この神話の要旨は,帝釈桓因(たいしやくかんいん)の子桓雄が熊女と結婚し,檀君王倹が生まれた。…

※「三国遺事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三国遺事の関連キーワード三国史記新羅新羅琴増補文献備考史書私撰和歌集今西竜骨品制井上秀雄駕洛国記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三国遺事の関連情報