コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三尊仏 さんぞんぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三尊仏
さんぞんぶつ

西方極楽浄土の三尊。主尊,阿弥陀仏と脇侍,観世音菩薩勢至菩薩のこと。観世音,勢至の両菩薩は,菩薩と称されるにもかかわらず阿弥陀仏の化身であるので仏と解釈され,三尊仏と称される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さんぞんぶつ【三尊仏】

〘仏〙 中尊(中心の仏)と左右の脇侍きようじ(菩薩)との三者一組の仏体。仏像配置の一形式。阿弥陀三尊は阿弥陀・観音・勢至、薬師三尊は薬師・日光・月光、釈迦三尊は釈迦と文殊・普賢をそれぞれ配する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三尊仏の関連キーワード三花嶺弥勒三尊仏崇福寺(滋賀県)善光寺(長野市)佳興里磨崖三尊仏断石山石窟磨崖仏瑞山磨崖三尊仏東南アジア美術金山寺弥勒殿西方極楽浄土黒瀧山不動寺響堂山石窟狛坂磨崖仏阿弥陀三尊上淀廃寺跡とんだ霊宝釈迦三尊鹿谷寺跡書の鑑賞三尊石組薬師三尊

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android