コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三尊仏 さんぞんぶつ

2件 の用語解説(三尊仏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三尊仏
さんぞんぶつ

西方極楽浄土の三尊。主尊,阿弥陀仏と脇侍,観世音菩薩勢至菩薩のこと。観世音,勢至の両菩薩は,菩薩と称されるにもかかわらず阿弥陀仏の化身であるので仏と解釈され,三尊仏と称される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんぞんぶつ【三尊仏】

〘仏〙 中尊(中心の仏)と左右の脇侍きようじ(菩薩)との三者一組の仏体。仏像配置の一形式。阿弥陀三尊は阿弥陀・観音・勢至、薬師三尊は薬師・日光・月光、釈迦三尊は釈迦と文殊・普賢をそれぞれ配する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三尊仏の関連情報